ティーショットに使う「ドライバー」とは?

★第1位★スコア100を切るステップ7日間シングルプログラム
★第2位★ダフれ、手打ちしろ。桑田泉クォーター理論
★第3位★歳をとっても腕が落ちない骨を使った欧米流スイング

ウッドクラブ(フェアウエイウッド)の種類

ティーショットには、「ドライバー」というクラブを使う。

 

ドライバーというのは、1番ウッドの別名で、1番飛距離が出しやすいクラブのことだ。

 

ティーショットは地面の上にあるボールではなく、ティーと呼ばれるT字型の短いスティックの上にボールを乗せて打つ。

 

そのため比較的安定した状態でボールを打つことができるため、しっかり飛ばせるクラブを使ってボールを引っぱたくわけだ。

 

ウッドクラブは、フェアウエイウッド(FW)とも呼ばれ、高く飛ばせるため、高低差のあるコースでは必須のクラブだ。

 

よく使うウッドクラブは、1番から5番まであり、それぞれ愛称と飛距離が異なる。

 

たとえば1番ウッド(愛称:ドライバー)の飛距離は、男性で230ヤード(約210m)だが、2番ウッド(愛称:ブラッシー)の飛距離は220ヤードで、9メートルくらいしか違わない。

 

そのため、ウッドクラブは通常、1番と3番と5番とか、飛び飛びの番手しか使わない。

 

また高低差の大きなコースでは、7番ウッドも使われることがある。

 

7番ウッドと言っても、飛距離は6番アイアンより出る。


 

ウッドクラブの種類と別名
  愛称 飛距離の目安(男性/女性)
1番ウッド(1W) ドライバー

男性:230ヤード(約210m)
女性:180ヤード(約165m)

2番ウッド(2W) ブラッシー

男性:220ヤード
女性:170ヤード

3番ウッド(3W) スプーン

男性:215ヤード(約196m)
女性:160ヤード(約146m)

4番ウッド(4W) バフィー

男性:210ヤード
女性:150ヤード

5番ウッド(5W) クリーク

男性:195ヤード(約178m)
女性:140ヤード(約128m)

広告

ゴルフ上達 人気教材ランキング

ゴルフ上達 人気ティーチングプロ教材



ライザップゴルフ
ライザップゴルフ

このエントリーをはてなブックマークに追加




トップへ戻る