ティーショットとは、ゲームを始める第一打

★第1位★スコア100を切るステップ7日間シングルプログラム
★第2位★ダフれ、手打ちしろ。桑田泉クォーター理論
★第3位★歳をとっても腕が落ちない骨を使った欧米流スイング

ティーショットとは、ゲームを始める最初のショットのこと

ティーショットとは、ゴルフのゲームを開始する第一打のことを言う。

 

ティー(tee)というのは「T字型のもの」という意味で、T字型の棒を地面に差し込んで、その上にゴルフボールを載せて、ゴルフクラブで引っぱたく。

 

ティーショットを打ったあとは、そのホールをホールアウトするまでインプレイ(プレイ中)になるため、ボールを手で動かす事は出来ない。

 

逆に言うと、ティーショットを打つ前であれば、ボールを好きな位置に動かしても良く、打ちやすい場所を探してボールを移動させても良い。

 

ただ、ティーショットは、ティーグラウンドというエリアのからしか始めることができない。

 

ティーグラウンドには、ティーマーカーという2つの目印の杭が打ってあり、その後方2クラブ分がティーショットを打つためのスペースになる。

 

因みにティーショットは、ルール上は、ティーを使わずに地面に直接ボールを置いて、それを打っても良い。

 

ただ、地面に直接ボールを置いて打つ場合、グラウンドが荒れていたりするし、地面を擦ったりするので、ショットが不安定になる。

 

なのでティーショットは、ティーの上にボールを乗せた方が、失敗しにくいのは確かだ。


ティーショットは、ティーを指定の範囲のティーグラウンド内に差し込み、その上にゴルフボールを置いて打つショットだ。

 

ティーショットを打つ前は、まだプレイに入っていないため、ボールの位置や、ティーの高さなどを、色々調節しても良い。

 

ただ、ボールの前にきちんとアドレス(正対)して、ひとたびショットをしてしまった後は、もうボールに触ってはいけない。

 

ティーショットを空振りして、ボールがコロンとティーから地面に落ちても、ボールをティーに戻してはいけない。

 

ティーショットの前の素振りの時にボールが落ちた場合は、手を使って戻すことができる。

 

ティーショットの時の反則とペナルティ

ティーショットを打ったあと、ボールに触ってしまう

ボールに触った場合は、基本的に1打罰になる。

 

空振りでボールが落ちたり、当たり損ねてティーグラウンド内に転がっても、ボールを触ってはダメ。

 

ティーショットがコースを大きく逸れて、OBになる

1打罰でティーショット打ち直し(3打目:プレーイング3)。

 

ゴルフ場のローカルルールで、前進2打罰が設定されているホールもある。

 

前進2打罰というのは、前方に作られた特設ティーグラウンドまで進んで、そこから打つというルールで、打数は4打目になる(プレーイング4)。

 

前進2打罰は、混んでいるゴルフ場で、OBがでやすいホールで適用されるローカルルールだ。

 

ティーショットOBは、ティーグラウンドまで戻ってこないといけないため、前進したのにまた戻って来ないといけないということになって、時間がかかりすぎるってことらしい。

広告

ゴルフ上達 人気教材ランキング

ゴルフ上達 人気ティーチングプロ教材



ライザップゴルフ
ライザップゴルフ

このエントリーをはてなブックマークに追加




トップへ戻る