ウッドとユーティリティの組み合わせ方

★第1位★スコア100を切るステップ7日間シングルプログラム
★第2位★ダフれ、手打ちしろ。桑田泉クォーター理論
★第3位★歳をとっても腕が落ちない骨を使った欧米流スイング

フェアウエイウッド(FW)と、ユーティリティ(UT)は、何が違う?

ゴルフクラブと言えば、昔はウッドクラブとアイアンくらいしか無かった。

 

ところが近年、様々なタイプのゴルフクラブが開発され、昔のゴルファーには、聞き慣れない名前のクラブも増えた。

 

ユーティリティ」というクラブもその一つで、比較的歴史が浅いクラブだが、使い勝手が良いので、よく使われる。

 

ユーティリティクラブには、ウッド型とアイアン型の2種類があるのだが、通常ユーティリティというと、ウッド型のクラブのことを指すことが多い。

 

飛距離で言えば、5番ウッドが200ヤードで、5番アイアンが170ヤードくらいなので、その間を埋めるのがユーティリティクラブだ。

 

なのでユーティリティ(UT)というのは、フェアウエイウッド(FW)を使いやすく工夫し、5番アイアンよりも飛ばせるタイプのクラブだと思えば良い。

 

では、フェアウエイウッドとユーティリティは、何が違うのか?

 

簡単に言うと、ユーティリティクラブは、フェアウエイウッドよりもシャフトが短く、振り抜きやすいように作られている。


ユーティリティクラブの弾道は、フェアウエイウッドほど高く上がらず、低い弾道になる。

 

そのため、風が強いコースでは、フェアウエイウッドよりも、ユーティリティクラブの方が、コースアウトしにくい。

 

ユーティリティクラブの種類と、組み合わせ

ユーティリティクラブにももちろん、種類がある。

 

ユーティリティの場合は、番手ではなく、角度で表す。

 

現在は、18度、21度、24度、27度の四種類が、比較的よく使われるユーティリティクラブだそうだ。

 

ユーティリティとフェアウエイウッドの組み合わせも色々あるが、一般的なのは、

  • 1番ウッド
  • 3番ウッド
  • 5番ウッド(飛距離:200ヤード)
  • ユーティリティ21度(飛距離:185ヤード)
  • ユーティリティ24度(飛距離:180ヤード)

という5本の組み合わせになる。

 

高低差の大きなコースのための、クラブセッティング例

高低差のあるコースでは、高さを出しやすいフェアウエイウッドの方が良いという。

  • 1番ウッド
  • 3番ウッド
  • 5番ウッド(飛距離:200ヤード)
  • 7番ウッド(飛距離:190ヤード)
  • ユーティリティ24度(飛距離:180ヤード)
  • ユーティリティ27度(飛距離:170ヤード)

 

狭いコース、風が強いコース向きのクラブの組み合わせ方

狭いコースや、風が強く低い弾道が欲しいコースや、5番ウッド(飛距離:200ヤード)が使いにくいヒトには、ユーティリティの18度(飛距離:195ヤード)で代用が効くという。

  • 1番ウッド
  • 3番ウッド
  • 5番ウッド(飛距離:200ヤード)
  • ユーティリティ18度(飛距離:195ヤード)
  • ユーティリティ21度(飛距離:185ヤード)
  • ユーティリティ24度(飛距離:180ヤード)
広告

ゴルフ上達 人気教材ランキング

ゴルフ上達 人気ティーチングプロ教材



ライザップゴルフ
ライザップゴルフ

このエントリーをはてなブックマークに追加




トップへ戻る