知っておきたいゴルフのルールと遊び方

★第1位★スコア100を切るステップ7日間シングルプログラム
★第2位★ダフれ、手打ちしろ。桑田泉クォーター理論
★第3位★歳をとっても腕が落ちない骨を使った欧米流スイング

知っておきたいゴルフのルールと遊び方記事一覧

ゴルフとは、ゴルフボールをゴルフクラブで引っぱたいて遊ぶスポーツだ。グリーンと呼ばれるキレイな芝生のスペースまで、ボールをクラブで引っぱたいて寄せていき、グリーンに開けてあるホールという穴にボールを入れるというゲームだ。ボールをホールに入れるまでに、何回打ったかがスコア(点数)で、より少ないスコア打数で終了するのを競う。標準的なゴルフコースでは、ホールが18個あって、1番ホール、2番ホール、3番ホ...

ティーショットとは、ゴルフのゲームを開始する第一打のことを言う。ティー(tee)というのは「T字型のもの」という意味で、T字型の棒を地面に差し込んで、その上にゴルフボールを載せて、ゴルフクラブで引っぱたく。ティーショットを打ったあとは、そのホールをホールアウトするまでインプレイ(プレイ中)になるため、ボールを手で動かす事は出来ない。逆に言うと、ティーショットを打つ前であれば、ボールを好きな位置に動...

ティーショットには、「ドライバー」というクラブを使う。ドライバーというのは、1番ウッドの別名で、1番飛距離が出しやすいクラブのことだ。ティーショットは地面の上にあるボールではなく、ティーと呼ばれるT字型の短いスティックの上にボールを乗せて打つ。そのため比較的安定した状態でボールを打つことができるため、しっかり飛ばせるクラブを使ってボールを引っぱたくわけだ。ウッドクラブは、フェアウエイウッド(FW)...

ゴルフクラブと言えば、昔はウッドクラブとアイアンくらいしか無かった。ところが近年、様々なタイプのゴルフクラブが開発され、昔のゴルファーには、聞き慣れない名前のクラブも増えた。「ユーティリティ」というクラブもその一つで、比較的歴史が浅いクラブだが、使い勝手が良いので、よく使われる。ユーティリティクラブには、ウッド型とアイアン型の2種類があるのだが、通常ユーティリティというと、ウッド型のクラブのことを...

ゴルフコースに出ると、ゴルフのルールが重要になる。練習の場合は自分一人の世界だし、他人と関わらないので、ルールを知らなくても間に合う。しかしひとたびコースに出るとなると、一緒にコースを回るメンバーとも上手くやらねばならないし、先に回るパーティや後続のパーティに迷惑にならないようにしないといけない。そのため、OBなどのミスショットが出ても、すぐに対応できるように、ルールをしっかり覚えておく必要がある...

ゴルフ場には、ローカルルールというのがある。ローカルルールとは、そのゴルフ場内だけに適用されるルールのことだ。野球場などにもローカルルールがあって、プレイ中にベンチや記者席にボールが飛び込んだり、金網にボールが挟まったりした場合に、どう判定するかが決まっている。たいていの場合、プレイがそこで止まって、ランナーは1つ先の塁まで進塁するというやつだ。天井があるドーム球場などでは、天井にボールが当たった...

トップへ戻る