初心者向きのコース フェアウエイと総距離

★第1位★スコア100を切るステップ7日間シングルプログラム
★第2位★ダフれ、手打ちしろ。桑田泉クォーター理論
★第3位★歳をとっても腕が落ちない骨を使った欧米流スイング

初心者でも楽しめるゴルフコースとは?

初心者向きのゴルフ場って、どういうゴルフ場か。

 

初心者に優しいゴルフコースの条件とは?

 

複数のコースを持つゴルフ場であれば、易しめと難しめのコースを作ることが多いが、18ホールだけのゴルフ場であれば、そういうわけにもいかない。

 

なので初心者には難しすぎるコースを予約してしまうと、もう大叩きどころではなくなる。

 

スコアは無茶苦茶になるし、ボールは山ほどロストするし、フェアウエイを何十回も横切って走り回るという羽目になる。

 

ではどういったゴルフ場・ゴルフコースが初心者向きなのか。

 

簡単にまとめると、次のようになる。

 

初心者向きゴルフコースの条件
  • フェアウエイが広い
  • コースの総距離が短め
  • グリーンが広い
  • 起伏があまりなく、ラフも勾配(こうばい)がない

 

初心者向きのコースの条件(1) フェアウエイが広い

コース設計でいうとまず、フェアウエイが広いコースが初心者向きだ。

 

フェアウエイとは(比較的)平らで、キレイに芝生を刈り込まれた部分である。

 

フェアウエイからボールを打つのは、そんなに難しい事ではないし、ミスショットも出にくい。

 

一方、フェアウエイの両側にあるのが「ラフ」と呼ばれる部分で、ここは雑草などが生えているので、ラフに打ち込むと、そこからボールを打つのは難しくなる。


さらにその外側は木が生えていたりして、ここに打ち込むと、元のフェアウエイにボールを戻すだけでも一仕事になる。

 

フェアウエイが狭いゴルフコースは、別のホールと近い設計になっていることも多く、隣のホールのフェアウエイにボールを打ち込んでしまうと、そこでラウンドしている別のパーティの迷惑にも成る。

 

そのため、フェアウエイが広くて、OB(おーびー)になりにくいコースが初心者向きって事になる。

 

初心者向きのコースの条件(2) コースの総距離が短い

ゴルフ場のコースというのは、18ホール・パー72で設計されていることが多い。

 

ホール数やパー数が決まっているなら、どのコースでも同じだろうと思いきや、そうではない。

 

同じ「パー5のロングホール」といっても、フェアウエイが真っ直ぐで、非常に距離があるコースと、コースが曲がっていて短めのロングホールがある。

 

距離が長いホールというのは、真っ直ぐ遠くにボールを飛ばさないといけないため、かなりの技術が必要になる。

 

初心者は、ショットも安定しないし、飛距離もあまり伸びないので、長い距離のホールでは、ひじょうにくせんすることになるはずだ。

 

ゴルフの基本は5番アイアンだと唱えるヒトもいるが、短めのゴルフクラブを使って、コンパクトなスイングに適しているのは、距離があるコースではない。

 

なので初心者がいる場合は、グリーンが広くて、距離が短めのコースを選べば良いだろう。

 

具体的には、18ホールの総距離が6,000ヤードより短い方が良い。

広告

ゴルフ上達 人気教材ランキング

ゴルフ上達 人気ティーチングプロ教材



ライザップゴルフ
ライザップゴルフ

このエントリーをはてなブックマークに追加




トップへ戻る