コースに出る準備 ラウンド用品

★第1位★スコア100を切るステップ7日間シングルプログラム
★第2位★ダフれ、手打ちしろ。桑田泉クォーター理論
★第3位★歳をとっても腕が落ちない骨を使った欧米流スイング

コースに出る準備

コースに出てラウンドを楽しむには、ゴルフウエア、ソフトスパイク、ジャケットなどを揃える必要がある。

 

ゴルフというのはイギリス発祥のスポーツで、イギリス発祥のスポーツの多くは、紳士のスポーツだと言われる。

 

ゴルフ場というのは、大人の社交場であり、田舎者や庶民が立ち入ってはいけない場所なのだ。

 

ドレスコードについては、別にまとめるとして、その他の必要なゴルフ用具についてまとめよう。

 

ゴルフクラブセットとキャディバッグ

打ちっ放し練習場に行く場合は、練習したいクラブだけを持っていくことが多いので、クラブセットを全部持っていくことは少ないだろう。

 

しかしコースをラウンドする場合は、少なくとも7本以上はクラブを持っていく必要がある。

 

どういうクラブを選ぶべきかは、また別のページでまとめる。
初心者が揃えるべき7本のクラブとは?

 

ゴルフシューズ

ゴルフシューズも、コースに出る際に必要な道具だ。

 

もちろんゴルフ練習場でも使えば良い。

 

ゴルフシューズと言えば、かつては金属製のスパイク製がほとんどだったが、金属製スパイクシューズは、芝を傷めるので、多くのゴルフ場で使用禁止になっている。

 

現在は、ソフトスパイクシューズか、スパイクレスシューズの2種類が、ゴルフシューズとして使われている。


ソフトスパイクとスパイクレスの違いは、簡単に言うと、グリップ力を必要とするかどうかだ。

  • ソフトスパイク:グリップ力があるため、パワーヒッター向き。ただしラウンドでは疲れやすい。
  • スパイクレスシューズ:グリップ力がないため、思いっきり打つ人には向かない。ラウンドでは疲れにくい。

 

ラウンド小物(ボール、ティー、小物)

コースに出てラウンドするには、様々な小物が必要だ。

 

まずゴルフボールは、最低1ダース(12個)用意しておく。

 

ゴルフボールも、結構値段が高いが、それでも打ち損じや池ポチャで、ボールをいくつも無くしてしまう。

 

初心者ほどボールを失い、ロストボールにしてしまうため、最低でも1ダースは持っていきたい。

 

ティーショットに使うティーも、ロングティ用とショートティ用の2種類が必要だ。

 

またグリーンを修復するためのグリーンフォークも必要だ。

 

さらに、ボールをマークするための、マーカーもいる。

 

近年は、残り距離を測定するための、レーザー距離計のようなものも出回っているので、もしかしたらあると良いかも知れない。

 

広告

ゴルフ上達 人気教材ランキング

ゴルフ上達 人気ティーチングプロ教材



ライザップゴルフ
ライザップゴルフ

このエントリーをはてなブックマークに追加




トップへ戻る