初心者向きコースの条件 グリーンと勾配

★第1位★スコア100を切るステップ7日間シングルプログラム
★第2位★ダフれ、手打ちしろ。桑田泉クォーター理論
★第3位★歳をとっても腕が落ちない骨を使った欧米流スイング

初心者向きコースの条件(その2)

初心者向きのコースの条件とはまず、

  • フェアウエイが広くてOBになりにくい
  • ロングホールの距離が短め

だ。

 

フェアウエイが狭いホールの場合、ラフに打ち込みやすいので、初心者にとっては難易度が高い。

 

ロングホールも、初心者はショットが安定せず、飛距離も出せないので、初心者は苦戦する。

 

そうすると、無駄に時間がかかって後ろに続くパーティにも影響が出てしまう。

 

なので初心者と一緒に回るのであれば、コースはフェアウエイが広いコースを選ぶべきだろう。

 

他にもまだいくつか条件がある。

  • コースの傾斜・勾配が少ない
  • グリーンが平らで、広い

などだ。

 

初心者向きのコースの条件(3) コースの傾斜・勾配が穏やか

コースの傾斜や勾配も、初心者にとって難しい。

 

人間が作ったコースには、たいてい傾斜が付いていることが多い。

 

というのも傾斜がないと、雨水がたまってしまい、色々問題が起こるからだ。

 

雨が降ったとき、雨水がドンドン地面に吸い込まれるなら良いが、そうでない場合は、傾斜を付けて雨水が流れるように設計する。

 

住宅等の場合は2%勾配といって、2%の傾斜を付けることが多い。


2%勾配というのは、100メートル当たり2メートル上がるくらいの傾斜のことだが、この程度であれば人間は傾いていることに気づきにくいと言う。

 

逆に言うと2%勾配より大きな傾斜は、大抵の人間が気づくと言うことだ。

 

そして勾配があると、ショットも不安定になる。

 

左足下がり・左足上がり、つま先上がり・つま先下がり。

 

こういった勾配があると、打ち方はかなり難しくなって、初心者はミスショットの連続になる。

 

なので初心者がいる場合は、傾斜が少なく、勾配が緩いコースを選ぶべきだろう。

 

初心者向きのコースの条件(4) グリーンが平らで広い

初心者向きのコースは、グリーンが広くて平らなコースだ。

 

初心者向きに設計されたコースであれば、フェアウエイが広く、グリーンも広く取ってある。

 

また傾斜も可能な限り緩やかにして、グリーン回りのバンカーも浅くしてある。

 

グリーンの芝の長さも、パッティングに影響があるので、その辺りも考えられている。

 

 

広告

ゴルフ上達 人気教材ランキング

ゴルフ上達 人気ティーチングプロ教材



ライザップゴルフ
ライザップゴルフ

このエントリーをはてなブックマークに追加

8



トップへ戻る