ゴルフ場には、ドレスコードがある

★第1位★スコア100を切るステップ7日間シングルプログラム
★第2位★ダフれ、手打ちしろ。桑田泉クォーター理論
★第3位★歳をとっても腕が落ちない骨を使った欧米流スイング

ゴルフ場には、ドレスコードがある

ゴルフはイギリス発祥の紳士のスポーツだ。

 

そのため、ゴルフ場でゴルフをするにも、紳士の格好と立ち居振る舞いが必要だという。

 

なのでゴルフ場に、ジーパンやサンダル履きで行ってはいけない。

 

ジャケットとスラックス、革靴といったスタイルでないと、ゴルフ場には入れてもらえない。

 

ゴルフコースに出る格好も、ラフな格好ではダメで、ゴルフウエアでないといけない。

 

シューズはソフトスパイクで、ゴルフ場によっては、半ズボンも禁止になっているところがある。

 

ゴルフコースでの服装のルール ドレスコード

  • 襟付きシャツを着用
  • シャツのスソは、ズボンの中に入れること
  • トレーニングウェアなどはダメ
  • ゴルフシューズ(ソフトスパイク)を履く

ゴルフシャツと言えば、ポロシャツのようなモノのイメージがあるが、因みにポロシャツは「ポロ」をする時に着るシャツのことで、ポロもイギリス発祥のスポーツだ。

 

ゴルフ場のラウンジなどでの服装のルール ドレスコード

  • ジャケット着用(必須)
  • ジーンズやサンダルなどのカジュアルウエアは禁止
  • キャップなど、帽子も禁止

イギリス発祥のスポーツには、「ゴルフ」の他にも、「テニス」「ポロ」「クリケット」「ラグビー」などがあるが、いずれも「紳士のスポーツ」だ。

 

ポロというのは、馬に乗ってやるホッケーみたいなスポーツ。

 

クリケットというのは、野球の元となったと言われるスポーツだ。

 

イギリスのスポーツは、貴族階級や「ジェントリ」と呼ばれる実業家や豪農階層が楽しむための娯楽であり、社交のためのモノである。

 

特に貴族階級というのは、「貴族は肉体労働をしてはいけない」というルールがあって、労働の代わりにスポーツで身体を鍛える。

 

イギリス貴族は、イギリスになにか危機が迫ったときは、部下を引き連れて戦いの先頭に立つ使命を持っている。

 

そのため、部下から尊敬されるリーダーとしての資質と、強靱な肉体を、スポーツで培うということらしい。

 

ゴルフ場に行くときは、自分には部下がいて、部下の見本となり、部下に恥を欠かせないような立ち居振る舞いをイメージすると良いかもね。

 

まあとにかくそういうわけで、初心者は、頭からつま先まで、ゴルフウエアを揃えてから、コースに出るようにしよう。

 

ゴルフ練習場に行く場合も、それなりの格好で行くべきだろうね。

 

広告

ゴルフ上達 人気教材ランキング

ゴルフ上達 人気ティーチングプロ教材



ライザップゴルフ
ライザップゴルフ

このエントリーをはてなブックマークに追加

8



トップへ戻る